尿失禁の原因|尿漏れになりやすい人が受けたい適切な治療

尿漏れになりやすい人が受けたい適切な治療

尿失禁の原因

医師

排尿機能には男女差があります。尿のつくられる場所は腎臓であり、その点は男女共通です。そして、その後通る道である尿管と膀胱についても、男女差はありません。男女差が表れてくるのは尿道周辺の構造です。女性の尿道は短い一方、男性の尿道は長くなっています。また、尿道を操作する骨盤底の筋肉も、男性の方がより強固になっています。
そういった機能差と、加齢による筋肉の機能低下により、女性については尿漏れが発生したりトイレが間に合わなかったりします。これが女性に多く見られる尿失禁です。一方、男性は前立腺の肥大化により尿が出にくくなるという状況に陥ります。男性に見られる尿失禁の一般例です。
上記の例から、尿失禁の症状は意図せず尿が出てしまう場合と尿が出にくい場合があることが分かります。では、尿失禁のタイプにはどのようなものがあるのでしょうか。まず取り上げられるのは腹圧性尿失禁と呼ばれるものです。これは、重いものを持ち上げたりすることによる腹圧の上昇で起こる尿失禁です。このケースでは、膀胱異常ではなく尿道周辺の機能に異常があるとされます。次に取り上げられるものは切迫性尿失禁です。尿意切迫感が強くなり、やがて尿をこらえきれなくなるという症状です。この症状は不随意の膀胱収縮を伴います。また、このふたつを合併させた混合型尿失禁という症状もあります。
日常生活に大きな支障を与えるのが尿失禁です。尿道周辺の機能や膀胱の機能によるものが原因として捉えられるので、気になる方は泌尿器科クリニックの診察を受けるようにしましょう。